メニュー

閉じる

検索ワードを入力
会員メニュー

知って納得!ソックス・インナー・ルームウェアのコト。

 

タイツの厚さ(デニール)による違い

タイツには、厚みを表す「デニール」という単位があります。
なんとなく“透け感”が違うことはわかっていても、「40デニールと60デニールでどれくらいの差があるの?」「80デニールにはどんな特長があるの?」など、詳しいことまで知っている方は少ないのではないでしょうか。
デニール別の特長や見え方の違いを知って使い分けることで、コーデがグッとオシャレに。タイツをもっとステキに履きこなしましょう。

そもそも¨デニール¨って?

普段よく目にする「デニール」とは、タイツを編んでいる糸の太さ(重さ)の単位のことです。糸を9000mに伸ばしたときの重さによって、デニールの数字が決まります。
たとえば、9000mに伸ばした糸が1gだった場合、その糸は「1デニール」ということになり、80デニールのタイツなら、9000mで80gの重さの糸を使っている、ということになります。

デニールごとの見え方の違い

ストッキングに近い透け感の20デニール

チュチュアンナのタイツの中で一番薄く透け感が強いのが20デニールです。全体的に透けて最も美しい脚に見せます。
コーデに抜け感を出したい時や、美脚に見せたい時、冠婚葬祭にも着用して頂けます。

アイテムはこちら

程よい透け感を演出する30デニール

20デニールだと薄すぎる、40デニールだと濃すぎる…という方からの声から生まれた、今大人気の30デニール。なめらかな肌触りが魅力。薄手タイツファンからの支持がとても高い絶妙な透け感が魅力です。

アイテムはこちら

美脚効果がうれしい40デニール

40デニール

タイツの中でも透け感が強く、美脚効果が高いのが40デニール。透け感があると、上品で女性らしい印象になります。
「黒ストッキングじゃちょっと寒いかな…」という肌寒い日も、40デニールのタイツなら女性らしさはそのままに、あったか効果がアップ。デートやキチンと感が必要な場所へのお出かけにぴったりです。

アイテムはこちら

ほどよい透け感の60デニール

60デニール

適度な透け感による美脚効果があり、暖かさも十分に備わったバランスの良さが60デニールタイツの特長です。外の寒さが厳しくなってきた時期や、外出時間が長い日に履きたいアイテムです。

アイテムはこちら

シックな雰囲気を作る80デニール

80デニール

透け感がほとんどない80デニールタイツは、暖かさを重視する人にはもちろん、オンにもオフにも活用したい人におすすめです。
カジュアルにもシックにも使えるタイツで、服や小物の組み合わせによって雰囲気をガラッと変えられます。1足は持っていたいベーシックなアイテムです。同じ色目の靴と合わせれば脚長効果も期待できます。

アイテムはこちら

厚手で透けにくい110デニール

暖かさを重視したい方へおすすめしたいのが110デニールのタイツです。
透け感が苦手な方にもおすすめ。マットさと発色の良さが魅力で、タイツの色自体を楽しみたいときには110デニールが最適です。

アイテムはこちら

とにかく暖かさを追求160デニール

160デニール

「とにかく足を暖めたい!」という方の強い味方が、160デニールのタイツです。ほぼ透け感はなく、しっかりと足を寒さから守ってくれます。
冬の日の屋外で長時間過ごすイベントなどには、160デニール以上のタイツがおすすめです。

アイテムはこちら

タイツの履き分けでおしゃれ度アップ!

チュチュアンナではナイロン素材なら20〜110デニール、裏起毛タイツなら160〜370デニールと、シーンやなりたいイメージに合わせて選べるタイツを豊富にラインナップしています。
さらに、デニール数とサイズがひと目で分かるバックマーク(後ろについているタグ)をつけているので、その日履きたいデニールのタイツが探しやすくなっています。
この冬は、デニールごとの特長を押さえたタイツ選びで足元のおしゃれを楽しんでみてください。

タイツの厚さ(デニール)による違い | チュチュアンナ[tutuanna]公式オンラインストア